なぜ中古原付バイクがおすすめか?


原付バイクの購入目的を考えると、ほとんどがちょっと離れたところまで買い物に行くのに使うとか、通勤に使うといったものでしょう。

つまり大半の場合、原付購入の際の着眼点は原付の手軽さ、経済性だと考えられます。

「原付バイクは中古がオススメ」と言われることがありますが、その理由はこの手軽さ、経済性で中古の方が勝っているということなのでしょう。


4輪車や大型バイクを購入する場合と異なり、値段の安さが最優先になるのでしょうから、安い原付となると中古の方がオススメですし、乗りたい車種を激安で買えることもあるのでオススメといえるのでしょう。


中古の原付といえば傷はつき物でしょうが、たとえ少々傷があっても程度の良いものを探せば乗ること自体に支障があるわけではありません。

また、原付を買う目的がツーリングやカスタマイズだという場合はあまりないでしょうから、買い物、通勤などの用途では中古の原付で十分用が足りるでしょう。


原付の便利さ、手軽さ、経済性は、中古の原付でその究極を味わうことができるかもしれませんね。


中古の原付はどこで探せばいいのか


バイクショップなど原付バイクの現物のおいてある店を回る時間が十分に取れる場合は問題はないでしょうが、あまり店を回る時間がないという時にはインターネットを使って探すことをおすすめします。


数多くのバイクショップが自分のホームページを持っていて、販売中の中古原付の情報を載せています。

また、その時点ではお店になくても、希望する車種や条件を問合せフォームから送って相談をし、条件に合うものが入ることがあれば連絡をもらうようにすることも可能です。


インターネットで原付の中古を探すなら、バイクショップなどのホームページで情報収集する以外に、バイク好きの人が集まるコミュニティや掲示板を利用するという方法もあります。

同じ地域の人からバイクショップの情報が得られたり、メンテナンスやカスタマイズに関する貴重な情報が得られたりします。


原付中古を「安さ」にこだわって探すときに注意しなければなんらないのは、最新の相場価格の情報を把握しておいた方が良いという点です。

家具よう

ネットにある原付中古サイトや中古雑誌などから情報を得たり、たまにはバイクショップなどに訪れて情報収集をすることにより、相場のイメージを作り上げればいいでしょう。


また、本体価格だけに注目するのでなく、諸経費も含んだ乗り出し価格について理解して選ぶことも大切でしょう。


そして、自賠責保険の注意点です。

中古原付購入の場合、車両のフレーム番号が合っていれば名義変更をしなくてもかまわないという人も多いようですが、事故のときややこしくなることを防ぐため名義をきちんと変更しておくというのが望ましいようです。



このページの先頭へ